8月は、旧暦(太陰太陽暦)の年初から8番目の月。8月の異名は「葉月(はづき)」といい、葉月の由来はいろいろあるようで、木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ちの月」が訛(なま)ったものの説や、稲穂の「発月(はりづき)」の意から来たとされる説もある。

■陰暦(太陰太陽暦)でのその他の名称
秋風月 (あきかぜつき) 燕去月 (つばめさりづき)
雁来月 (かりきづき) 桂月 (けいげつ)
草津月 (くさつづき) 盛秋 (せいしゅう)
紅染月 (こうそめつき) 清秋 (せいしゅう)
木染月 (こぞめづき) 仲秋 (ちゅうしゅう)
月見月 (つきみづき) 萩月 (はぎつき)
■8月の季語

残暑 晩夏 初秋 新涼 立秋 秋暑 残炎
残暑の候 晩夏の候 残暑厳しき折から
土用あけの暑さは厳しく 立秋とは名ばかりの
青草を蒸す強い日射し 残暑なお厳しく
秋にはまだ遠く 秋立つとはいえ
朝夕涼味を覚えるころ 夜空に秋の気配を感じるころ
虫の声に秋のおとずれを覚え

■8月のカレンダー
1 先勝/八朔 12 友引 23 先勝/処暑
2 友引 13 先負 24 友引
3 先負 14 仏滅 25 先負
4 仏滅 15 大安/終戦記念日、全国戦没者追悼式 26 仏滅
5 大安 16 赤口 27 大安
6 赤口/広島平和記念日 17 先勝 28 赤口
7 先勝 18 友引 29 先勝
8 友引 19 先負 30 友引
9 先負/長崎原爆の日 20 仏滅 31 先負
10 仏滅 21 大安  
11 山の日/先勝 22 赤口  

8月

お盆
お盆 イラスト

 一年で最も大きな行事で、正式には「盂蘭盆会」といいます。お盆の時期は地域によってまちまちで、本来は旧暦の7月に行われていましたが、新暦に変わったときに一カ月あまりその時期が早まってしまい、旧暦の7月15日に近い8月13日から16日に行うようになりました。
 お盆の間は、家に戻ってくる祖先の霊をお迎えして供養し、お見送りします。まず、仏様を迎える盆棚を作り、13日の夜に迎え火を焚きます。14、15日には盆棚に料理と水を供え、16日(またはは15日)に送り火を焚いてお供えや飾りを流す「精霊流し」、また送り火を流す「灯籠流し」を行います。

山の日
山の日	 イラスト

 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第43号)が施行され、平成28年から、8月11日は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として、国民の祝日「山の日」となりました。
 これにより、「国民の祝日」の年間日数は、16日となりました。